外秩父山地の麓にひろがる梅の里・越生梅林を歩く

埼玉県入間郡越生町(おごせまち)は、外秩父山地が関東平野と接するところにある町です。梅の生産が盛んな「梅の里」で、梅をモチーフにした妖精「うめりん」が町のマスコットキャラクターになっています。

梅まつり会場

梅まつり会場は、東武越生線とJR八高線の越生駅から約3km離れたところにあります。駅からバスを利用する場合は黒山行きのバスで「梅林入口」下車です。土日は1時間に1~2本程度、平日は1時間に1本程度です。駅からの徒歩コースだと約3.8kmになります。

車の場合は会場付近に有料駐車場が設置されていますが、土日は周辺道路の混雑に注意してください。駐車料金は500円(普通車)です。

県道61号線から分かれて梅園橋をわたると入口です。入園料は300円(中学生以上)となっています。

越生の梅林の起源は600年以上前で、川向かいの梅園神社に九州大宰府より天満宮を分祀したときに梅を植えたのが始まりといわれています。梅園神社はもともと岩峰山安楽寺天神宮(小杉天神社/小杉天満宮)で、今に伝わる棟札の中には南北朝時代の観応元年(1350年)のものもあるそうです。

江戸時代にはすでに梅の産地になっており、江戸に向けて梅干が出荷されていたと記録されています。

園内は白梅が中心ですが、紅梅や枝垂れの品種などもあります。

梅まつり会場には、屋台村や観光協会の特産品販売所(売店)があります。週末には園内で各種イベントが行われ、梅の木の下を走るミニSLも運行されています。(1周200円)。

横に流れている川は「越辺川」(おっぺがわ)です。外秩父山地から流れ出し、入間川を経て荒川に合流しています。のどかな景色が広がります。

梅林の奥のほうの人が少ないところで、梅に小鳥が止まっていました。ジョウビタキでしょうか。

周辺散策

会場を出た後、梅園小学校のほうまで歩いてみました。梅の産地なのであちこちで白梅が見られます。道路から眺めることにはなりますが、白梅の咲く山里風景を楽しめました。

久喜市鷲宮 川沿いの桜並木 青毛堀川の河津桜

久喜市の鷲宮地区には、青毛堀川に沿って河津桜が植えられています。例年の見頃は3月中旬ということですが、今年は少し早かったようです。ちょっと満開は過ぎていましたが、菜の花とともに桜を楽しむことができました。

今回は鷲宮神社そばの宮前橋から、青毛堀川が東武伊勢崎線をくぐるところの近くまで約1.7kmの区間を歩きました。

青毛堀川に沿って歩く

河津桜が始まる地点が宮前橋です。鷲宮神社のすぐ南にある朱色の橋で、鷲宮駅からは徒歩5分ほどで着きます。ここから川に沿って南東の方向に桜並木が続いています。

東岸の道は住宅地の中の道といった感じで、車の交通量は少ないようです。自転車で通り抜ける人や犬の散歩をする人の姿が見られました。河津桜はピンク色なので、黄色の菜の花との対比がきれいです。

桜の背丈が低いので、花を近くで見ることができます。葉っぱが出てきていましたが、まだつぼみもありました。

駅前通りを横切り先に進むと、次の車道の橋のところで橋の横をアーチ型の青い水道管?が川を渡っています。ここからは西岸が広い道路になり、両側に河津桜があります。西岸は車が多いので、このまま東岸を歩きました。少し先で東岸は住宅地が終わり、歩行者用の道路という感じになります。

県道12号線と交差する手前で川がカーブしている辺りはフェンスが無かったので、道から少し降りて振り返った写真を撮ってみました。

県道を超えると周りは畑が多くなりました。東岸は遊歩道が続いています。

東武伊勢崎線の手前の橋まで来ました。東岸の道はここから土の道になり、川沿いに線路を越えることはできなさそうです。河津桜はまだ続いていて西岸の車道を行けば線路を渡れますが、今日はここまでにしました。最後に、歩いてきた方向を橋の上から振り返った写真です。

使用中のテンプレートファイル名を確認する

WordPressではサイトの外観にテーマが使われていますが、具体的にどのようなHTMLを出力するのかということは、テーマの中にあるテンプレートファイルが担当しています。テンプレートは、index.php、archive.php、single.phpなどいろいろな種類があります。

index.php以外は任意のため、テーマにより中にあるテンプレートファイルの数や種類には違いがあります。サイト内のあるページが表示される時にどのテンプレートを利用するのかは、通常「テンプレート階層」の優先順位により決まっていますが、一部のテーマでは変更されている場合があります。

テーマによっては使用されているテンプレートを特定するのがやっかいなことがありますが、プラグインの「Show Current Template」を入れておくと簡単に使用中のテンプレートファイル名を確認できます。

プラグイン「Show Current Template」

管理画面のメニューから「プラグイン」→「新規追加」を開き、「Show Current Template」を検索します。インストールできたら有効化します。

次に、画面上部の管理バー(ツールバー)も表示されるようにしてください。表示されていない時は「ユーザー」→「あなたのプロフィール」の中にある「ツールバー」にチェックを入れます。

この状態でサイトを表示させると、管理バーに使用中のテンプレートファイル名が表示されるようになります。

また、テンプレートファイル名にマウスを乗せると、詳細情報が展開されます。テンプレートの中からさらに読み込まれているテンプレートの一覧なども表示されるので便利です。