行田市の桜の名所 さきたま古墳公園の桜

埼玉県行田市のさきたま古墳公園に桜を見に行ってきました。桜は満開を過ぎたところでしたが、花びらが舞う風景を楽しむことができました。

さきたま古墳公園は、「埼玉(さきたま)古墳群」を中心に整備されている公園です。公園の中に大小9つの古墳があります。園内数箇所に桜がありますが、一番の見所は丸墓山古墳の周辺です。

駐車場から丸墓山古墳に向かうと、古墳の前に桜並木があります。ここは「石田堤」の堤防跡の一部です。行田市の市街地にあった忍城(おしじょう)を1590年に石田三成が水攻めしたときに作られたのが「石田堤」で、見晴らしの良い丸墓山古墳には本陣が置かれたそうです。

桜並木を過ぎると、丸墓山古墳の階段前です。こちら側のまっすぐ登る南側階段のほか、北側にも階段があり古墳の上に登ることができます。階段の右側には菜の花が咲いていました。

急な階段を登ると丸墓山古墳の頂上です。ちょっとした広場になっていて、桜が数本あります。日本で一番大きい円墳で、直径が105m、高さが18.9mということです。遠くには行田の街が見えます。

北側の階段を降りた辺りにも菜の花がありました。丸墓山古墳は遊歩道が一周していて、いろいろな角度から古墳を見上げることができます。

丸墓山古墳の南東側には芝生広場があります。こちらから眺めると、古墳の大きさがよくわかります。

芝生広場の端にも桜の木が並んでいます。広々とした風景を眺めながら、桜の花を楽しむことができました。

小川町・仙元山の麓 見頃を迎えたカタクリの群生地&西光寺のしだれ桜

比企郡小川町の仙元山の麓にあるカタクリの群生地を見てきました。西光寺のしだれ桜も見頃を迎えていました。

歩いたルートは、「道の駅おがわまち」から「カタクリとニリンソウの里」「西光寺」の順に周り、道の駅に戻りました。

道の駅おがわまち・埼玉伝統工芸会館

「道の駅おがわまち」は、国道254号線沿いにある道の駅です。小川町には国道254号線のバイパスもありますが、道の駅はバイパスではなく、町の中心部を通る昔からの国道沿いにあります。関越自動車道の最寄りは「嵐山・小川IC」です。

小川町の中心部からはちょっと東に離れていて、東武東上線・JR八高線の小川町駅から歩くと2.3kmくらいあります。駅からは「小川パークヒル」行のバスを使うと「伝統工芸会館前」下車です。

埼玉伝統工芸会館や農産物直売所などがあります。

槻川沿いを歩く

道の駅を出発して、カタクリとニリンソウの里へ向かいます。建物南側の臨時駐車場を出ると、槻川沿いの車道に出ます。対岸にある山は仙元山(標高299メートル)で、中腹にある見晴らしの丘公園へは車道やハイキングコースで登ることができます。

ここを左へ曲がり、カタクリとニリンソウの里へ向かいます。

車道を300mくらい進むと右側に木橋があります。ここは木橋を渡ってもそのまま車道を進んでもどちらからもカタクリとニリンソウの里に行けます。

カタクリとニリンソウの里

車道を進んだ場合、300mほど下流の車道の橋を渡ると、カタクリとニリンソウの里の東側入口です。こちから園内に入ると上流へ向けて歩いていくことになります。

遊歩道はカタクリの咲く斜面の下を通っています。手作りのベンチもありました。

かなり傾斜のある斜面で、斜面の中には遊歩道がありませんので、カタクリの花に近づける地点は少ないのですが、林の中にカタクリがたくさん咲いている光景を見ることができました。

また、ニリンソウも白い小さな花を咲かせていました。

西光寺へ

次は西光寺へ向かいます。西光寺へは川を渡らずに林の中を行く道があります。ちょっとした山道で、行った時は少しぬかるんでいる場所もありました。少し遠回りにはなりますが、さきほどの木橋を渡って道の駅のところに戻り、西光寺正面へと向かうルートもあります。

西光寺東側のカタクリ群生地

群生地に着きました。ちょうど見頃を迎えていました。

ここは傾斜のゆるい部分でカタクリを囲むように遊歩道が作られている場所があり、カタクリの花を近くで見ることができました。

西光寺のしだれ桜

西光寺は室町時代の後期に開創されたという曹洞宗のお寺です。立派な鐘楼門があります。カタクリの群生地は左側の駐車場の奥になります。

鐘楼門と本堂の間に見事なしだれ桜があります。ソメイヨシノよりも少し早く満開を迎えるようですね。周囲のソメイヨシノはまだ咲き始めですが、しだれ桜は見頃を迎えていました。

花桃が咲き始めた春の山里 東秩父村の花桃の郷

東秩父村大内沢にある花桃の郷に行ってきました。まだ満開よりも前でしたが、咲き始めの花桃を楽しむことができました。

花桃の郷へ

東秩父村は、外秩父山地のなかにあるのどかな村です。東京方面から高速道路を使うと、長瀞ライン下りができる長瀞町や、秩父市よりも手前にあります。平成の大合併で、秩父地方などにあった村々が合併をしたので、東秩父村が埼玉県唯一の村になりました。

関越自動車道を嵐山小川ICで降り、小川町を抜け、東秩父村方面へ。東秩父の道の駅(和紙の里)や役場を過ぎて、寄居町境に近いところが花桃の郷の入口です。

県道から花桃の郷への道を上って行くと、道が右上と左下に分かれていて、看板に従い右上に進むと展望台のところの駐車場に到着しました。

集落内の道は、センターラインのあるような広い道ではなく、車1台分くらいの幅のところもある生活道路です。自動車用の順路の看板があり、道幅の狭いところが一方通行になるようにしているようです。道が広い部分ならいいですが、狭いところで対向車が来てしまうと、すれ違いが大変そうな道です。

展望台の入口の駐車場は20台くらい駐車できる土の駐車場です。料金は300円でした。ここにトイレもあります。敷地が三角形で手狭なため、気をつけて駐車します。行った日はほぼ満車状態でした。ここのほかにも何ヶ所か駐車場があります。

花桃の郷を歩く

駐車場に車をとめて、のんびりと歩いてみました。山の斜面に広がる集落なのでかなり高低差がありますが、車道を歩けばよいので歩きやすいです。

駐車場から少し上ったところの風景です。道路の下側に桃の木が並んでいます。斜面が桃色に染まり始めました。満開が楽しみな景色です。

道端で咲き始めた花桃。日当たりの良いところは、もう少し開花がすすんでいました。満開まであと1週間くらいでしょうか。

3月ももう終わりですが、満開の梅も見ることができました。ここのところ冷え込んだので、季節の移ろいが少し遅れたようです。

集落の下から見た風景。道端では数人の方が絵を描かれていました。